WiMAXから4G LTEへのマイグレーション

casestudy-migratetolte
オマーンでは、ワイヤレス・ブロードバンド・キャリアが、WiMAXサービスを提供し、最近LTEサービスの提供を開始しています。 新しい4G LTEサービスには、ルータやドングルなどの新しい種類のLTEデバイスを備えています。


挑戦:新しいネットワーク・サービスの採用

4G LTEネットワークの提供開始により、企業は新しいLTEサービスとデバイスを提供し、管理する必要があります。
しかしながら、現在の展開においては一部の新しいタイプのデバイスはTR-069をサポートしていますが、一部のものはサポートしていません。
その一方で、レガシーWiMAXネットワークとデバイスも、しばらくの間新しいLTEサービスと並行して運用する必要があります。


ソリューション: マルチプロトコル管理

Works Systemsは、主としてTR-069とOMA-DMプロトコルをサポートするデバイス管理を提供します。
これらの他に、syslog、telnetおよびhttpを含む追加プロトコルもまた、サービス・プロバイダの新しいネットワーク・サービスと多様化したデバイスに合わせて開発されています。


結果: 拡張可能な管理プラットホーム

OneMSはTR-069、OMA-DMをサポートするものから、syslogやその他の管理プロトコルまで拡張することができます。
新しいネットワーク・サービスとデバイスは、素早く容易に採用することができます。
企業はワーク・フロー効率改善のために、複数の異なった管理コンソールの代わりに、集中型のプラットフォームを用いることができます。