WORKS SYSTEMS について

Works Systemsはテレコミュニケーションとサービス・プロバイダ向けネットワーク管理システムの開発に特化しています。 新興のM2M(マシン・ツー・マシン)とクラウドの要件を満たすために、Works Systemsは現在電気通信事業者、新しいタイプのクラウド・サービス開発者、チップセットおよびデバイス・ベンダー向けクラウドM2Mプラットフォームを提供しています。

Works Systemsは、以下を含む堅牢かつ柔軟なそして先進的なソリューションをご提供することに専念しています。
• 装置及びサービス・サイクルのすべての局面を網羅する、エンド・ツー・エンドのサービス管理
• TR-069、OMA-DMやその他の規格に基づくプロトコルを用いた稼働中のネットワーキング・デバイスと関連するサービスの自動プロビジョニング
• 統合された顧客サービスを中心に据えたソリューション

Works Systemsは、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本拠地を置き、東南アジア、中国、日本および欧州に地域オフィスを開設しています。 2001年に創設された(以前はFarallone Technology Group, Inc.と命名されていました)Works Systemsは、テレコミュニケーションとデータ通信分野のソリューション提供に成功しています。 2005年にWorks Systemsはまた、バンキング中核取引システムとインターネット/ネットワーキング・バンキング・ソリューションにより、その管理範囲をバンキングおよび金融領域へ拡大しました。 さらに、Works Systems, Inc.は埋め込みエージェント、管理クライアントおよびファームウェア・テクノロジーの改善を主要なネットワーキング製造者へ提供している業界をリードするプロバイダです。

Works Systemsの中核となる競争力は、技術とネットワーク装置サプライヤーの顧客ミックスを反映する特定のベンダーに依存しないアプローチによる、ネットワーク管理ソリューション開発への献身的な努力により得られます。 Works Systemsは、幅広い一連のネットワーキング装置との相互運用性を確保するため、業界のデ・ファクト・スタンダードとオープン・スタンダードを活用し、当社の装置認証プログラムの下で、高水準の相互運用性を確保し、維持するために主要なネットワーキング製造業者と継続的に協力しています。