SuperAgent M2Mクライアント

SuperAgentは、次世代のマシン・ツー・マシン(M2M)とIoEアプリケーションを作ることに関心がある開発者を支援することを目的としています。 これは埋め込みデバイス向けのクライアント・ソフトウェアです。 SuperAgentは、被管理能力によりデバイスとそれらの拡張センサを強化するだけではありません。 それはまたデバイスの挙動を収集し、学習することにより、Works Systems M2Mクラウド・プラットフォームがデバイス・インテリジェンスを輝かせるのを支援します。

SuperAgentには以下の機能が付いています。:

  • デバイス管理とSIPターンキー・ソリューションを提供する共通プラットフォーム
  • インテリジェント・デバイスのカスタマイズ向けの拡張可能な高水準言語とメタデータAPI
  • 埋め込みLinux、Android、iOSをサポートします
  • 環境センス・インテリジェンスを提供します



SuperAgent M2M-2




以下はSuperAgent M2Mクライアントのブロック図です。



SuperAgent M2M

SDK

  • エージェント・コア:
    ライブラリ、ヘッダー・ファイルとメイクファイル
  • API & データ・モデル:
    デバイス・ベンダーにより統合されるソース・コード、xmlファイルと構成ファイル
  • 相互運用性:
    完全なビルド、テストおよび展開サイクル




カスタマイズ可能なAPI &
データ・モデル

  • API:
    TRリクエスト、パラメータ・ステータス同期および外部アプリケーションからのリクエスト受信による、デバイス・ベンダー実装のインタフェース。
  • データ・モデル:
    デバイス・ベンダーがカスタマイズ可能なXMLファイルは、AltoCumuli M2Mクラウド・プラットフォームにより管理される全パラメータ・ツリーを記録します。