電気通信事業者向けデバイス管理

Works Systems電気通信事業向けデバイス管理は、電気通信事業者のサービス・ネットワークにおけるデバイス管理の運営コストと複雑さを最小にする完全なソリューションです。 サービスの有効化、デバイスのプロビジョニングから、販売後のサービス変更、ファームウェア・アップデート、デバイスの構成やトラブルシューティングに至るまで、すべて遠隔で電気通信事業者のヘルプデスクから達成することができます。 迅速なサービスとデバイス管理能力により、電気通信事業者はその顧客へ、より一層素晴らしいサービスを提供することができます。

Telecom-Device-Management

以下はWorks Systems電気通信事業向けデバイス管理ソリューションの機能ハイライトです。:

  • ゼロタッチでの設定: OneMSは、デバイスを自動で検出、設定および構成することができます。 ダイナミック・サービス・プロフィールを、デバイスへ自動的にプッシュできます。
  • 柔軟な構成: 複数のテンプレートとプロフィールが、様々なデバイスやサービスに適用できます。 柔軟なメカニズムは、構成プロセスを簡略化します。
  • ファームウェア管理: 適切なファームウェア・イメージをデバイス・タイプ、スケジュールやポリシーに基づいてOneMSにより対応するデバイスへ配布できます。
  • デバイス監視: デバイス状態と性能はOneMSによって監視されます。 OneMSは、デバイスを積極的に管理するため、syslogやその他の指定された方法により送信されるデバイス・アラームを収集します。
  • デバイス診断とトラブルシューティング: 特定のデバイスに集中することができ、診断情報を追加分析とトラブルシューティングのために収集できます。
  • バックエンド・システムとの継ぎ目のない統合: OneMSはバックエンドBSS、OSSおよびNMSシステムと統合するため、業界標準のインタフェースを提供しています。 統合は容易であり、そして運用は簡略化されています。