2016-08-26
WKS、AIOTAとNTUは、ITの知識発見を加速するためにワークショップを開催し、キャンパス内のIoTクラウドプラットフォームを確立しました

アメリカ カリフォルニア州、サニーベール、2016年8月25日 Works Systems(WKS)とアジアIoTアライアンス(AIOTA)は昨日、台湾台北市の国立台湾大学(NTU)のコンピュータ科学・情報工学部と共同で、IoTデバイス管理&データ分析ソリューションのワークショップを開催しました。 ワークショップでは、デバイスの管理とデータ収集に関連する新しいIoTについての話題を理解するために、学界、産業界や他の関係団体からの参加者のために導入を手引きすることにあります。WKSのIoTクラウドはまた、学生やメーカーに宿題、プロジェクト、研究、早期のIoT開発向けに、自由にアクセスできるプラットフォームを提供するため、NTUのキャンパスに構築されています。 NTU Workshop 写真: キーノートスピーカー Daniel Liu博士 Works Systems社CTO NTUワークショップにて ワークショップでは、If-this-then-thatユースケースが紹介されました。すなわちアルドゥイーノに接続されたセンサの湿度変化が、ラズベリーパイに接続された電球を点灯するイベントを発行します。学生は、2つのデバイス間の即時の連続動作と相互作用を完了させるために、ウェブ上で簡単に数回クリックするだけです。 NTU Workshop Demo 写真: NTUワークショップにおけるアルドゥイーノとラズベリーパイの相互作用デモ 「2025年におけるIoT市場は3.9~11.1兆ドルの規模になると言われています」、とAIOTAのCEOであるChien-Chih Liu氏は言いました。「しかしながら、多様な産業や垂直市場で断片化され、異なる業種からの異なる団体に集合します。公開標準への準拠とすぐに使用できるプラットフォームにて、我々はサービス・アプリケーションの開発にかかる多くの時間とリソースを節約します。これが、何故私達がNTUと関係団体のために、ツールとしてプラットフォームを提供するかの理由です。コラボレーションにより、私達は上手くやることができます」。 「IoTの主要な価値と収益は、サービスアプリケーションによりもたらされます」、Works Systems社のCTOであるDaniel Liu博士は言いました。「市場の要求は、豊かなサービスアプリケーションによってのみ実現されます。WKS社のコアコンピタンスは、デバイスの接続性、制御およびデータ収集を提供することにあります。私たちは、プラットフォーム上で最善を尽くし、開発者が私たちの上に彼らのサービスアプリケーションを追加することを支援します。より創造的なサービスアプリケーションと共に、我々はのIoT時代の到来を迎え入れることができます」。 ### AIOTAについて アジアIoTアライアンス(AIOTA)は、台湾におけるIoT開発のための最初の非営利で、国際標準の、業界横断的な開発そしてサプライチェーンのコラボレーションオープンプラットフォームです。 AIOTAのメンバーは、25年以上の業界経験を持つICT産業から構成されています。 AIOTAはソフトウェア、システム設計、製造、医療、輸送、小売りの専門家とIoTソリューションについて協力し、またIoTのグローバル市場より多くの機会を獲得するために、インダストリアル・インターネット・コンソーシアム(IIC)と提携しています。 詳細については、http://www.asiaiota.org/をご覧ください。 Works Systemsについて Works Systems, inc.は、IoTとブロードバンドデバイス管理ソリューションの開発を専門とする世界的な企業です。 Works Systemsは、お客様のビジネスの発展に適合する堅牢で柔軟なソリューションを提供することに専念しています。 Works Systemsのトータルソリューションはリモート管理クライアント、相互運用性テストアプリケーション、デバイス管理プラットホーム、そしてビッグデータ解析ソリューションを含んでいます。 Works Systemsは、米国カリフォルニア州に本社を置き、東南アジア、日本からヨーロッパ各地に支社を置いています。 より詳細な情報に関しては、 jp.workssys.comをご覧ください。...
Read more


Works Systemsはデバイスとデータ管理技術において、NCTU、NTUと台湾のIoTメーカーを推進しています

アメリカ カリフォルニア州、サニーベール、2016年8月16日 デバイスとデータ管理の大手のIoTソリューションプロバイダであるWorks Systems(WKS)は、今月台湾でIoTメーカーや関係者とのIoTドメインにおける知識を共有します。 二つのセミナーとワークショップが、国立交通大学(NCTU)産業アクセラレータとコンピュータサイエンス&情報工学部、および国立台湾大学(NTU)にて、8月17日と8月24日に、それぞれ参加者がIoT技術を深く理解し、迅速に実践することを支援するために実施されます。 デバイス管理はIoTを実装するための基本です。そしてデバイスの接続、制御およびデータ収集の機能を提供します。WKSは注目の技術とノウハウを共有します。そしてメーカーや学生に対し、彼らのIoTデバイスや家電製品を接続するために、すぐに使用できるのIoTクラウドプラットフォームを提供します。 WKSのIoTクラウドプラットフォームのサポートにより、開発者は、デバイスの接続、相互運用性、データの収集と管理の心配することなく、技術革新やアプリケーションの実装に集中することができます。 「台湾のIoTメーカーに私たちの知識やソリューションにて貢献する機会に恵まれたことを、私達は喜び、光栄に思っています」、Works SystemsのCTOで、連続セミナーのキーノートスピーカーであるDaniel Liu氏は語りました。「IoTエコシステムの成長は、ソリューションと参加者の広い範囲にかかっています。全ての参加者間の連携・協力によってのみ、モノのインターネットに顕著な成果をもたらすことができます。」 これらのイベントは、NCT、NTUと共同し、メーカーと学生のために開かれます。更に詳しい情報や議題は以下をご確認下さい。 http://iaps.nctu.edu.tw/ http://pas.csie.ntu.edu.tw/IOTAUG/ ### Works Systemsについて Works Systems, inc.は、IoTとブロードバンドデバイス管理ソリューションの開発を専門とする世界的な企業です。 Works Systemsは、お客様のビジネスの発展に適合する堅牢で柔軟なソリューションを提供することに専念しています。 Works Systemsのトータルソリューションはリモート管理クライアント、相互運用性テストアプリケーション、デバイス管理プラットホーム、そしてビッグデータ解析ソリューションを含んでいます。 Works Systemsは、米国カリフォルニア州に本社を置き、東南アジア、日本からヨーロッパ各地に支社を置いています。 より詳細な情報に関しては、 jp.workssys.comをご覧ください。 ...
Read more

2016-06-01
Marvell社とWorks Systemsは、ホームネットワークのリアルタイムリモート管理のためのマルチギガビットG.hnソリューションで協業します

カリフォルニア州、サニーベール、2016年5月31日 - ブロードバンドとIoTデバイス管理ソリューションのリーディングプロバイダであるWorks Systemsは、ストレージ、クラウドインフラストラクチャ、モノのインターネット(IOT)、接続性とマルチメディア半導体ソリューションの世界的リーダーであるMarvell社と、ホーム接続ソリューションにて使用されるターンキーTR-069を提供することで提携しました。 新しい家庭用接続オプションは、Marvell社のITU-T G.hn規格に準拠したチップセットの全シリーズに実装されています。 これは最大2Gbpsまでの通信速度を持つ最適なホームネットワーキングソリューションと、電線、同軸ケーブル、電話線や光ケーブルなどの任意の有線メディアを介して運用するためのサポートを提供します。 Marvell社のG.hn製品は、802.11ac Wave-2 Wi-Fiアクセスポイントおよび延長装置のための最も信頼性の高いバックホールとして設計されており、幅広い範囲のサービスのために使用することができます(4Kテレビ、ゲームおよびその他のリッチメディアアプリケーションは、G.hnマルチギガビットブロードバンドホームネットワーク上で、追加で新規の配線を必要とせずに配信することができます)。 Works SystemsのOneAgent TR-069遠隔管理クライアントが、Marvell社のG.hnチップセット上で動作する、Marvellスピリットホームネットワーキング・ソフトウェアに統合されたことから、機器ベンダーやサービスプロバイダは、宅内ネットワーク監視の状況確認、宅内装置のソフトウェア最新化管理、カスタムインストールのための設定パラメータ変更、および問題解決のための機器データ収集が可能になります。 「Marvell社はOEMやサービスプロバイダ向けの完全なG.hnチップセット・ソリューションを提供することを目指しています。Works Systems社のTR-069遠隔管理クライアントが私達のスピリットファームウェア・スタック内で利用できますので、我々の顧客に対しより良いサービスプロバイダ要件のサポートと現地調整コストの回避を提供します。当社のターンキーソリューションは、当社の顧客が、追加のソフトウェア開発の努力無しで、完全に相互運用可能な製品を提供することを可能にします。」Marvellセミコンダクター社のブロードバンドソリューショングループでシニアディレクターを務めるチャノ・ゴメス氏は述べています。 「Marvell社とWorks Systems間の協力が業務提携をカバーしています。両社は、機器メーカーやサービスプロバイダに対する互いのアプローチを活用し、総合的なエンド・ツー・エンドのマルチギガビットブロードバンド・ソリューションを提供することができます。」Works Systems社のシニアセールスマネージャーであるジョー・シー氏は述べています。 # # # Marvell社について Marvell(ナスダック:MRVL)は、完全なシリコン・ソリューションを提供するグローバル・リーダーです。ストレージからクラウドインフラストラクチャ、モノのインターネット(IoT)、接続性とマルチメディアまで、Marvellの多様な製品ポートフォリオは、業界をリードするパフォーマンス、セキュリティ、信頼性と効率性を備えた完全なプラットフォーム・デザインを揃えています。 世界で最も強力な消費者、ネットワークおよびエンタープライズシステムの中核において、Marvellはパートナー企業とその顧客がイノベーション、パフォーマンスとマス・アピールの最前線に常に立ち続けられるよう支援します。 社会的、個人的そして仕事の生活に価値を追加するサービスへのアクセスのし易さとモビリティを世界中の人々に提供することにより、Marvellは人々の体験を強化することを約束します。 より詳細な情報に関しては、Marvell.comをご覧ください。 MarvellはMarvell社および/またはその関連会社の登録商標です。 Works Systemsについて Works Systems, inc.は、IoTとブロードバンドデバイス管理ソリューションの開発を専門とする世界的な企業です。 Works Systemsは、お客様のビジネスの発展に適合する堅牢で柔軟なソリューションを提供することに専念しています。 Works Systemsのトータルソリューションはリモート管理クライアント、相互運用性テストアプリケーション、デバイス管理プラットホーム、そしてビッグデータ解析ソリューションを含んでいます。 Works Systemsは、米国カリフォルニア州に本社を置き、東南アジア、日本からヨーロッパ各地に支社を置いています。 より詳細な情報に関しては、 jp.workssys.comをご覧ください。 ...
Read more

2016-04-13
ワークスシステムズは、積極的に台湾でのアジアIoTアライアンス(AIOTA)の設立に参画します

カリフォルニア州、サニーベール、2016年4月13日 - IoTやブロードバンドデバイス管理ソリューションのリーディングプロバイダであるWorks Systemsは、台湾で初の国際のIoTパートナーシップ・プラットフォームである、アジアIoTアライアンス(AIOTA)の設立に積極的に参画しています。 AIOTAの発足式が昨日台湾、台北市湾で開催されました。そのメンバーは、25年以上の業界経験を持つICT産業から構成されています。 AIOTAはインダストリアル・インターネット・コンソーシアム(IIC)と提携してテストベッドにおけるコラボレーションのため、最先端のIoT技術とビジネス機会を参加メンバーに対して提供します。 AIOTAに積極的に参加することにより、Works Systemsは、他の国際的な非営利団体やソリューション・サービスプロバイダとのAIOTAの接続性を拡張することを支援します。 「台湾には多数の能力の高いITや産業メーカーがあります。 AIOTAのようなアライアンスは、情報、相互運用性や統合のコラボレーションにおいて、多くの助けになります」、とWorks Systems社のCEOであるTom Tang氏は述べました。 「コラボレーションは、革新的でタイム・ツー・マーケットなIoTソリューションを提供する唯一の方法です。」 「AIOTAは、産業チェーンのコラボレーションと業種を跨った開発を促進することを目指しています。 私達はWorks Systems社のようなソフトウェア開発会社やオープンプラットホームのプロバイダが、IoTのエコシステムを完成させるために更にコミュニティに参加してくれることを必要としています」、とAIoTAのCEOであるChien-Chih Liu氏は述べました。 AIOTA Inauguration 写真:AIOTA発足式でのパネルディスカッション(左から右)Works Systems CEO Tom Tang氏、 ThingsWise Co-Chair Shi-Wan Lin博士、 III IDAD Head Hsien-Tang Ko博士、 MOEA Industrial Development Bureau Cheng-Chin Lu氏、 AIOTA Chairman Yen-Nun Huang博士 # # # AIOTAについて アジアIoTアライアンス(AIOTA)は、台湾におけるIoT開発のための最初の非営利で、国際標準の、業界横断的な開発そしてサプライチェーンのコラボレーションオープンプラットフォームです。 AIOTAのメンバーは、25年以上の業界経験を持つICT産業から構成されています。 AIOTAはソフトウェア、システム設計、製造、医療、輸送、小売の専門家とIoTソリューションについて協力し、またIoTのグローバル市場より多くの機会を獲得するために、インダストリアル・インターネット・コンソーシアム(IIC)と提携しています。 詳細については、http://www.asiaiota.org/をご覧ください。 Works Systemsについて Works Systems,...
Read more